サプリメントの弊害を避ける為に

弊害が出ないように気をつけてサプリメントを飲みたいという人は、どういったことを気をつけるといいでしょう。水や、冷ました湯でサプリメントを飲むようにするといいでしょう。例えば、コーヒーや紅茶、日本茶などは、食後にこれらを飲んだついでにサプリメントも飲んでしまおうという人も多いと思います。けれど、お茶には、カフェインやタンニンが含まれており、これがよくありません。

タンニンや、カフェイン類は、サプリメントの成分と結びついて、吸収の邪魔をしたり、効果を低減させたりします。ですから、御茶やジュースなどと、一緒に飲まないようにしましょう。また、ミルクも、サプリメントの効果が薄くなる要素がありますので、避けましょう。サプリメントと、別のサプリメントを一緒に飲んだり、医師から処方された薬を一緒に飲むと、思わぬ相乗効果が出たりします。

病院などで処方されている薬もサプリメントと一緒に飲む必要があるという人は、医療機関や、薬局に、問題はないかを問い合わせましょう。サプリメントも同士でも、中には飲み合わせの悪く、効果がなくなってしまったりするものもあります。医師の薬と、サプリメントを一緒に摂取することで、効果が強化されすぎたりします。妊娠している人、アレルギーがある人も、サプリメントで弊害が起きる可能性があります。

アレルギーの症状を悪化させたり、発育中の胎児にトラブルが起きる可能性もあります。かかりつけのお医者さんに、サプリメントについて相談するといいでしょう。誰も、サプリメントは健康維持や、美容効果を期待して飲むものですが、健康被害などの弊害がないように注意しましょう。