高血圧の改善におすすめの成分とサプリメントについて

動脈硬化や、心筋梗塞などの重篤な身体トラブルを避けるには、高血圧予防を行っておくことはとても大事です。程度がそれほど重くない場合は、高血圧といっても体調不良などがありませんので、何もしないでいるような人もいます。健康診断の血圧測定で高血圧気味だと指摘された人であれば、何かしらの対策をしなければならないでしょう。

体にいい食事をして栄養不足を解消し、適度に体を動かす生活をすることが、健康増進にもよいと言われています。食事や運動の他にも、健康を大切にしている人の多くが、サプリメントを利用して栄養成分を補給しています。健康増進に使うサプリメントには様々なものがありますが、中には血圧を下げる目的のものも存在します。

高血圧の症状を緩和するために、体の中に塩分が長時間留まっていることかないように、カリウムのサプリメントを愛飲しているという人もいます。ビタミンDや、副甲状腺ホルモンは血管の収縮を促して血圧を上げます。これらの成分の働きを抑えるために、カルシウムサプリメントを使う人もいます。カルシウムの働きをサポートするマグネシウムもあわせて積極的に摂るようにすれば、より効果が期待できるようになります。

体内の殺菌や、血管を詰まらせない作用、コレステロールの血中量を減らす作用があるため、アリシンもサプリメントによく使われます。悪玉コレステロールの抑制や血圧を下げる作用があるオレウロペイン、交感神経の働きやノルアドレナリンの分泌を抑制するタウリンもあります。アンジオテンシンという酵素は血圧を上げる働きがありますが、ペプチドでその効果を抑制することができます。

サプリメントを選ぶ時には、どの成分が自分に合っているかをよく考えましょう。